線路まで5mの木造住宅

事例

ここに家を建てたのは緑が綺麗だから

Sさんのお宅は電車から5mの木造の新築戸建。線路との間には隔てるものが何もありません。Sさんが最も大事したのは、陽射しでした。

 

電車の線路は東西に走っている。つまり、お家の南側は線路ですから、将来も建物が建つことがない。そしてさらに先は大きな公園が広がっています。朝日も大変よく当たり、朝から夕方まで、とても明るい住宅です。

 

Sさんは電車の音は防音技術でなんとでもなる。でも、こんなに通勤に便利で、朝から夕方まで窓から太陽が見える土地はもう見つからない。そう思い、決断をしたと、お話をしてくださいました。

20211103densya_zirei_mado.jpg
2階の窓。目の前に公園が広がります。下の方に電車の送電線が見えます。

Sさんとの出会い

電車が走り抜けた時の室内の最大音量は、63デシベルを超えています。この音量は、日常会話の音量です。携帯電話での会話にも支障が出ますし、テレビは電車が通り抜けた時は、ドラマのセリフが聞き取れないこともありえます。電車の音は鋭く、通り抜けると時には圧を感じます。

 

線路との距離は5m。電車の圧を感じます。

工事設計の方針

このお部屋は、壁の工事なしでは静寂は作れないことは、現地調査の簡易分析の時点で私にはわかっていました。ですから、Sさんには、静寂な寝室のような静けさを望まれるならば、窓以外に壁の工事も必要です。もし、Sさんが、LDKだから、電車の音が食事やTVや書き物の邪魔をしなければいい。電車の音が気にならないお部屋であれば十分だと思うのであれば、それは、入念に計画した内窓工事であれば、実現できます。私はどちらにも対応できることと告げ、Sさんからは「音が気にならなければそれでいいです。何も、無音を望んでいるわけでありません。」そう、お返事をいただき、壁の工事はせずに、当社流の内窓工事のご注文をいただきました。

静かと感じるお部屋に変える為に

LDKには窓が5つありまししたが、内2つは内窓を設置しないことを提案しました。これは、防音工事の原則から逸脱した提案です。通常お部屋に窓が5つある時は5つの窓に内窓を取り付けます。2つの窓はそのままとする事をSさんに提案すると、中西さんの思うようにやってくださいと言ってくださったSさんも、さすがにこの時だけは顔色が曇り「エッ!」と絶句していました。

 

私が2つの窓を工事しないように決めたのは、全部窓を塞いで、窓と壁を通り抜けた電車の音の逃げ道を作った方が、残響計算の結果と、シミュレーションの結果、静かに感じるとわかったからです。

設計時間はいつもの2倍

屋外が80デシベルという音量を超えても、お部屋はリビングに求められる音量50デシベルにできることは計算してすぐにわかりました。ただし音の質(目立たない音にするの設計にはとても時間がかかりました。

 

工事後のお部屋の音の設計はガラスを使い分けることで可能となります。それは、ガラスの種類と厚みによって防音できる音域と音量が異なるからです。音量は同じ50デシベルであってもガラスによって、工事後のお部屋の音は変わります。

 

Sさんの家の前は開けた公園ですから、音を遮るものがありません。ビル街のようにビルとビルの間を反射することもなく、電車の音はそのまま素直にお部屋に入ってくることもあり、車両ごとの電車の音の違いがはっきりとしています。電車の音であるのに、この絞り込めない音に対して、どうすすれば、どの電車でも容認できる音に変えることができるのか。また、5mの距離ですから電車の音に圧があります。とにかく、柔らかい音に変えて、圧を感じさせない音に変えなければ、目立たない音にはできません。

 

壁の工事はしない。=壁を通り抜ける電車の音があることが前提で、室内50デシベル以下を維持する。その上で、Sさんが一番嫌いな手前の線路を通過する特急電車が気にならない音にする。さらに、車両ごとに違う電車の音色をソフトに聞こえるようにする。難題が多い音設計でした。

工事後の音の様子

瞬間的に50デシベルを超えることもありますが、ほぼ計画通りの結果に。音の質もソフトで邪魔にならない音に変えることに成功しました。

◆ お客様の声 17秒動画

Sさんは特急電車が通過する音を耳にして「これ一番うるさかったじゃないの?」と、言葉が漏れています。

◆ 線路まで5m。果たしてその効果は 1分動画

動画では3本の電車が通過します。お客様と私の会話も入っているので、会話の音量と電車の通過の音を聞き比べてみてください。動画の中で「30」と言っているのは30デシベルという意味です。

「やっと落ち着いた」そう言っていただきました

確かに、電車の音の角がとれて、気にならない音になっている。そう評価してくださったSさんは、私から気にならない音に変えると説明を聞いて、内窓工事で、どうして音が変わるのだろうかと不思議に思ったとのこと。そして単純に音を小さくすればいいのに、なぜわざわざ、そんなことをするのかとも思ったそうです。私の言葉は伝わらなかった。それでも私に任せてくださったのは、ここまではできる・できないを、はっきりと、私が言い切ったからだそうです。