事例

事例

電車とバイパスに挟まれたマンションの騒音対策

お引越しをされて1年を経過したところで、Yさんからご相談をいただきました。Yさんのご家族は皆さん4名がそれぞれお勤めされているご家族です。コロナ禍で在宅勤務が多くなり、電車の音が、そして、バイパスを通過する大型トラックや階段を利用する人の足音が、以前にもまして気になるようになってしまったそうです。
事例

線路まで5mの木造住宅

Sさんのお宅は電車から5mの木造の新築戸建。線路との間には隔てるものが何もありません。Sさんが最も大事したのは、陽射しでした。 電車の線路は東西に走っている。つまり、お家の南側は線路ですから、将来も建物が建つことがない。そしてさらに先は大きな公園が広がっています。朝日も大変よく当たり、朝から夕方まで、とても明るい住宅です。
事例

窓の外は6本の線路

小学生の母でもあるKさんが、線路沿いのマンションを選んだのは、しかもよりによって一番線路に近い部屋を選んだのは、Kさんの趣味がピアノだからでした。 マンションと線路の間は、一方通行の車道と歩道があるだけ。電車の音を遮るものはありません...
事例

カーブで軋む大音量の電車の音を窓で眠れるお部屋に変える

マンションの3階にお住いのAさん。引っ越しの真っ最中に、電車の音にびっくりして、慌てて検索をして、私のところにお電話をくださったのでした。 Aさんがこのマンションを購入したのは、サービスが大変充実しているからでした。セキュリティが大変...