内窓プラスト いい内窓サイトのトップ

あなたを悩ましている音の正体を見付け、狙って取り除くこと。これが最も確実な解決策であり、結局は最短ルートです。あなたのお部屋を静かなお部屋に確実に変えます。私たちは、そうやって2000年から個人宅の音の問題を解決してきました。まずは音を、計量法に基づいた信頼できる専用機材を使って客観的にしっかり調べることから始めませんか。

私、中西は20年にわたり、家庭の騒音対策に取組んできました

今日の騒音のご相談

車のハイブリット化・住宅の高性能化が進んだ今日、10年前と比べてお家の中は静かになりました。ところがそれなのに、騒音のご相談は減りません。

お部屋で計測させていただくと、気にされている音の音量は大きくはないのに、大きく聞こえてしまう。これは、お部屋が静かな分だけ小さな音でも目立ち、大きな音に聞こえるからです。このようなお部屋が多くなっています。そして音の捉え方(感じ方)は人によって変わります。ですからご家族の中でお一人だけが悩むケースも増えています。

小さいはずなのに、音が目立ち大きな音に聞こえてしまうのですから、解決には音量以外の要素が必要です。だから、防音性能が一番という理由で内窓プラストを取り付けても解決はできません。

測定の様子。窓の外と室内に設置して計測をしています

あなたが気にしている音の正体をみつける

お客様の騒音を客観的に捉えるために、私たちは現地調査をさせていただき、お部屋の内外・窓・壁の音を計測と録音をさせていただきます。そしてお客様には必ず立ち会っていただき、悩ましい音がした直後に「この音」と教えていただきます。

こうして集めたお客様の騒音を10個の評価法を使って分析して、あなたを悩ましている音の正体を明らかにします。

分析した結果、特定の周波数であったり、静かなお部屋に飛び込んでくる急な音との音量差であったり、乱れたリズムに原因がであることがほとんどです。

このように貴方の悩ましい音の正体を明らかにして、その原因が分かれば、そこを取り除くことで、確実な対策が取れます。

悩みの原因となっている音を取り除く

住宅性能が上がった現在の防音対策は、内窓・二重窓を取り付けて、単に音量を下げるだけの対策では不十分です。それでは悩みの原因となる音を狙って取り除くことができません。

内窓プラストで気になる音を遮断する
なぜなら、あなたを悩ませる音の周波数と取り付ける内窓(ガラス)の特性を合わせる必要があるからです。残念ながら、スマートホンの音量ボタンのように、全ての音域を、等しく防ぐ(落とす)ことができるガラスは存在しないというのが現実です。つまり、ガラスは低音域・中音域・高音域では、防音できる音量がバラバラなのです。この特性は、ガラスの種類によっても異なります。

私が内窓プラストを長年使い続けているのは、プラストはどのガラスも選ぶことができるからです。120種類のガラスを使い分けることで、特定の音域(周波数帯)を集中的に防音することができます。そして、それ以外の各周波数帯それぞれの防音量を計画しながら防音することもできます。内窓プラストは、現在の防音工事に欠かせない最強のアイテムと言えます。

内窓プラストを使ってお部屋の音をコントロール
窓からの音が8~9割ととても小さいとは言え、壁からの音を無視することはできません。
内窓プラストであっても壁からの音を小さくはできません。(内窓工事の限界)しかし、内窓プラストは音域(周波数帯)ごとの音量をコントロールして防音できるから、①内窓プラストを通り抜ける音が、②壁からの小さな音と一緒になった時、③あなたが気にならない状態に仕上げる(作り変える)ことはできます。これなら、音の聞こえ方(質)が問われている今日のご相談にもしっかりお応えすることができます。

しかし、これを成し遂げるには、正確な調査・緻密な防音設計が必要です。

当社は第一号の大信工業内窓プラスト推奨施工店です

私たちは、確実な結果にこだわり続けています

音の悩みは、ある日突然、身に降りかかるもの。そしてほとんどの方が、初めての経験のご様子です。家庭の騒音対策に取り組んで20年以上になりますが、様々なご相談をお受けしてきました。切実なお悩みをうかがい、一人でも多くの方の手助けになれればと思い、音を下げる防音技術は勿論、それ以上に音と人の関係性の探求に力を入れてきました。それは、お客様に静かになったと実感してただくためです。
寝具メーカーの研究員の方からは、睡眠と音の関係性を丁寧に教えていただき、音大教授からは音楽理論を教えていただきました。工科大学教授とは、内窓の取り付け位置(既存の窓と内窓の距離)で、防音量をコントロールする方法を共同研究させて頂きました。

原因を取り除いたら、電車が走り抜けても安心して眠れるお部屋に変わりました。

静けさを手に入れたお客様

寝室の工事では、1000人を超える方から「眠れたよ」とご報告をいただいています。楽器の音漏れの防音においては、何名もの音大生が誕生し、50名の生徒さんをご自宅でレッスンする大人気のピアノ教室の先生や、NHK交響楽団に在籍の演奏家の方もいらっしゃいます。そしてどの方の内窓工事も、たった1日の工事。だから夜にはお部屋はがらりと変わっています。

電車の騒音のご相談
ドラム演奏配信のご相談
国道沿いのマンションのご相談
チェロの音漏れと音色のご相談

責任者プロフィール

代表:中西繁樹

東京都練馬区生まれ。
練馬の地で創業50年を超える有限会社旭建硝の代表。
1999年に網走でプラストと出会い、翌年、家庭の快適リフォーム業を興す。2008年に創造性が認められ内窓プラスト推奨施工店に選定。同年2つの現場が東京都省エネリフォーム優良事例に認定される。

あなたの音のご要望も叶えます

音の大小に関わらず生活騒音のほとんどは1日の工事で解決することができます。音で眠れずお困りの方。内窓プラストをご検討の方、大信工業内窓プラスト推奨施工店第一号の私どもに、ぜひご相談ください。

補助金情報

東京都に分譲マンション・持ち家にお住いの方
窓・ドア工事費の1/3補助制度

施工事例

線路まで5mの木造住宅

Sさんのお宅は電車から5mの木造の新築戸建。線路との間には隔てるものが何もありません。Sさんが最も大事したのは、陽射しでした。

電車の線路は東西に走っている。つまり、お家の南側は線路ですから、将来も建物が建つことがない。そしてさらに先は大きな公園が広がっています。朝日も大変よく当たり、朝から夕方まで、とても明るい住宅です。

Read More »

窓の外は6本の線路

小学生の母でもあるKさんが、線路沿いのマンションを選んだのは、しかもよりによって一番線路に近い部屋を選んだのは、Kさんの趣味がピアノだからでした。 マンションと線路の間は、一方通行の車道と歩道があるだ

Read More »

電車とバイパスに挟まれたマンションの騒音対策

お引越しをされて1年を経過したところで、Yさんからご相談をいただきました。Yさんのご家族は皆さん4名がそれぞれお勤めされているご家族です。コロナ禍で在宅勤務が多くなり、電車の音が、そして、バイパスを通過する大型トラックや階段を利用する人の足音が、以前にもまして気になるようになってしまったそうです。

Read More »

ご質問・ご相談の受付

年中無休
8時から午後8時まで

ご質問・ご相談は写真の2名がお受けしています。

会社情報

有限会社 旭建硝(あさひけんしょう)
所在:東京都練馬区豊玉中2-25-15
電話:03-3992-5840
フリーダイアル:0120-114-178
創立:1967年
代表:中西繁樹

Link

ピアノ教室やプロの演奏家からも高い支持を得ています。プラストで作るピアノ専門の防音工事。

寝室の防音工事のサイト。1000名を超える方から「眠れた」とご報告をいただいています。

お得な情報

東京都の補助制度